I・D・Fとは

I・D・Fの意味

FRSロゴ

石巻は東日本大震災によって大きな被害を受けました。
そんな石巻を、"ものつくり"を通じて、少しでも明るくしようと考えました。
石巻で考え、石巻で工夫し、石巻オリジナルな商品をお届けします。

事業概要

本品は石巻地域産学官グループ交流会の下部組織である「自動車関連産業集積部会」活動の一環として提案され、製品化された。製品開発には家族を亡くした方も参加し、3年もの時間を要した。「産」が中心になり、実験や試験を行う「学」と資金面などを支援してくれた「官」が協力してこれに当たった。実際に津波の被害を受けた石巻から、オリジナルな発想による、津波防災グッズを完成させた。これを今後津波の起りそうな地域(南海トラフ地震)に配布して、津波による災害を減災したい。

FRS開発経緯

FRSロゴ

東日本大震災に伴う大津波によって、多くの車両と多くに人命が失われた。しかし車両に乗っていて助かった乗員もいたし、すぐ車から脱出しても津波の犠牲になった方々もいた。

実際に弊社社長も車で津波に被災し九死に一生を得た。社長の津波被災体験談はこちら

助かった方々に聞いたところ、車両の中に「浮力体」があればさらに良かったという意見が多かった。そこで浮力体付きのシートカバーを開発した。これにより100㎏の人でも浮く事が出来、たとえ自動車が沈んでもこれを着用した乗員は水面を浮動していることが可能である。また本品は浮力体としてだけでなく、防寒着や寝袋の機能を備えているため、多用途に使われる事が出来る。つまり津波による水から乗員を守るだけでなく、避難した後の防寒や休息にも適している。またシートカバーである以上緊急時だけでなく普段使われる機能も備えなくてはならない。つまりファッション性や弾力性にも気を使った。